工事関係の人はこちらも要チェック!

土嚢袋

使い道は無限大!土嚢袋は使い方次第で便利なアイテム

土嚢袋は工事現場、水害現場などで使われていますが、土嚢袋には幅広い使い道があるのです。その使い道を調べてみましょう。また、土嚢袋は重くて幅を取ると困っていた人に有益な情報をお伝えします。

READ MORE
一軒家

工事に欠かせない養生シートについて勉強しよう

工事を行う人にとって、養生シートはとても身近な存在でしょう。そんな養生シートが進化しているのはご存知でしょうか。上手く活用すれば、次の工事に繋がるかもしれません。ほかにも、防炎シートの種類の違いもご紹介しています。

READ MORE
土のう

土嚢袋を使うなら【運ぶときのコツを紹介】

土嚢袋は、重くて運ぶのに苦労することがあるでしょう。そんな時は、運ぶときのコツを知っておくと、運びやすくなって時間短縮にもなります。また、土嚢袋を購入する人は、どんな機能を求めているのか探ってみましょう。

READ MORE

養生シートに印刷するメリット

no.1

広告を出すことで自社をアピールできる

最も大きいメリットでしょう。養生シートに広告を印刷することで、工事しながら自社のアピールをすることができます。印刷さえ業者に依頼すれば、好きな位置に設置できるので、目に付きやすいところに設置するといいでしょう。

no.2

お店にとっても宣伝効果がある

外観工事などをしながらも、営業しているお店がありますが、養生シートに覆われていては営業中かどうか分かりにくいものです。そこで、OPENしていることがわかるようにしたり、リニューアルOPENなら開店日を書くことで宣伝効果があります。

no.3

景観を大切にできる

印刷できるのは、広告や宣伝だけではありません。周りに合うような景色を印刷することもできるので、景観を守りながら工事をすることができます。これにより、殺風景な工事現場が明るくなるので海外では浸透してきている使い方です。

会社のためにも養生シートの扱いには注意が必要!

男性

養生シートは破れたままにしない

養生シートは資材や重機でひっかけると破れてしまうので、買い替える必要があります。しかし、コストがかかるということから、破れていてもそのまま使い続けている場合もあるでしょう。それにより「安全管理を怠っている業者」というイメージを持たれる可能性があります。実際、事故につながるケースもあるので気を付けましょう。

近隣住民とのトラブルを避けるために

特に住宅街などで工事を行う場合は、近隣とトラブルにならないように気を付けなくてはいけません。そのために用途に合った養生シートを使う必要がありますし、ホコリや粉じんが出ないように気を付けなくてはいけません。トラブルを起こすことで、イメージダウンに繋がりますから、できる対策はしっかり行いましょう。

広告募集中