使い道は無限大!土嚢袋は使い方次第で便利なアイテム

使い道は無限大!土嚢袋は使い方次第で便利なアイテム

土嚢袋

土嚢の必要性とは

日本は、モンスーンアジアと呼ばれる多雨地域に位置しています。年間の降水量は、世界平均の約2倍になる1700~1800㎜にも及びます。日本の国土の特徴として、約70%が山地なので雨が降ると急流になりやすい点があります。また、大きな大河が存在しにくいために氾濫が起きやすいのです。氾濫による被害を防ぎ生活を守るためにも、土嚢袋の設置は重要な役割があります。

吸水性土嚢に注目が集まっている

土嚢は従来、袋に土を入れて浸水・水害対策に使われてきました。吸水性土嚢の場合は、土ではなく給水剤を使用します。給水剤を水に浸すことで体積・重量が増すので土嚢として使用することができます。保管や持ち運びの観点から見ても使いやすく、注目が集まっているのです。また、中には使い捨てではなく再利用が可能なものもあります。

土嚢はいろいろなシーンで使える

土嚢袋は川の氾濫などによる水害を防いだり、工事現場で使われるイメージですが、他にも使い道があります。工事現場では、袋に建築資材などを入れておくこともできます。また、植生土嚢というものは、浸透性や排水性があるので、路肩を保護したり、水路を構成するために使用されます。土嚢は耐弾性のある壁を作るために軍事的利用もされ、幅広く使えることが分かりますね。

広告募集中