土嚢袋を使うなら【運ぶときのコツを紹介】

みんなが土嚢に求めている機能TOP3

no.1

備蓄・保管性に優れる

最も必要な機能だと思う人が多いですね。土嚢は土を入れて使用するものなので、備蓄や保管をするのには場所の確保が必要です。近年、吸水性土嚢が開発されたことで、保管場所に悩むことは少なくなっているでしょう。

no.2

持続性・耐久性があること

土嚢はすぐに使えたとしても、耐久性と持続性が無くては設置した意味があまりありません。水害などが起こったときは確実に機能することで、浸水対策としての役割を果たせるため、持続性などが求められます。

no.3

すぐに土嚢として使用できる

土嚢にはコンパクトなサイズで簡単に持ち運べるものもあるのですが、機能するまでに時間がかかるようでは、いざという時に使用できません。そのため、すぐに機能する土嚢を求める人が多いのです。

土嚢袋を使うなら【運ぶときのコツを紹介】

土のう

指を上手く使うと持ちやすい

重たいものを運ぶとだんだん手が疲れてきます。持ち替えたリするのも一苦労なので、まずは手の使い方を工夫してみましょう。中指と薬指を少し曲げて荷物を持つと、それだけで楽になります。新聞など、ひもで縛られたものを持つときにも使える方法です。

出来るだけ2人で持つ

極力2人で運んだほうが、持ちやすく腰などの負担軽減にも繋がります。2人で運ぶ場合階段がネックですね。下の方で荷物を支える人には、特に重量がかかるので腕力の強い人に任せた方がいいでしょう。

台車も上手く使う

重たいものを運ぶときによくあるトラブルが、ケガをしてしまったり、腰を痛めてしまうことです。また、重たいので運ぶのにも時間がかかってしまいます。台車などのアイテムを上手く使うことで、とても楽に運べるので準備しておくといいですね。

広告募集中